企業主導型保育所とは

企業主導型保育園 共同利用企業募集中!

従業員のための保育施設「企業主導型保育園」の共同利用をしませんか?

企業主導型保育所とは?

「企業主導型保育事業」とは、企業のニーズに応じた保育所の柔軟な設置・運営を助成する制度で、平成28年度から始まったばかりの新しい事業です。
定員が「企業枠」と「地域枠」に分かれており、「企業枠」は共同利用企業が利用できる定員となります。
認可外保育施設ですが、内閣府の基準によって運営されており、自治体などによる年二回の監査が入るなど、安心と安全が保障されています。企業で働くご両親、地域の皆様の子育てを手助けする保育園です。

共同利用企業様のメリット

  • 共同利用申し込みにあたって費用は一切発生しません。
  • 育休明けで保育所利用ができるので職場復帰がしやすくなります。
  • 女性活躍の推進、ワークライフバランスへの取り組みなど、多様な働き方に対応できます。
  • 複数の企業様が共同で利用できます。
  • 自治体や役所を通さず保育園と直接の契約になるので、やり取りがスムーズです。
  • 地域枠には制限があり定員がいっぱいのこともありますが、共同利用をすることで入園の手続きがスムーズになり、企業枠のお子様としてお預かりすることが可能になります。

学校法人飯倉学園

飯原保育園
学校法人飯倉学園が設置して運営します。併設の認可保育園「飯原保育園」があるから安心です。
飯倉学園は、幼稚園と保育園を長きにわたって運営してきた実績があります。
子育て事業に特化し、多くの経験から培った専門知識と豊かなノウハウを基盤に、保育分野の多様なニーズに応え、地域に貢献をコンセプトにしています。
母体である幼稚園は58年目を迎え、これからも子育てをする地域の方々、夢を育む社会の明るい未来に貢献していきます。
飯原保育園

飯原保育園

共同利用申し込みについて

メールまたはお電話にてお問い合わせください。
担当の者が直接共同利用契約についてご説明致します。
ご質問等も受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。
092-874-7522